スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元家裁書記官詐欺事件で懲役11年の判決 さいたま地裁(産経新聞)

 偽造判決書などを使って現金計約7000万円をだまし取ったとして、詐欺などの罪に問われた元京都家裁書記官、広田照彦被告(37)の判決公判が25日、さいたま地裁で開かれた。田村真裁判長は懲役11年(求刑同15年)を言い渡した。

 起訴状によると、広田被告は平成19年2~12月、偽造の判決書や督促状を使い、神戸法務局の供託金や成年後見制度を利用する女性の遺産など約6600万円を詐取。20年9月には偽造の判決書を使って振り込め詐欺に使われた口座の凍結を解除し、現金約400万円を詐取するなどした。

【関連記事】
年金詐取し上納 弘道会系組長ら再逮捕
振り込め詐欺「キング」判決で裁判長が間違い
振り込め詐欺「キング」に懲役20年 東京地裁
「被害は巨額」 未公開株詐欺事件で実刑 神戸地裁
「詐欺の故意は明らか」元相談役、2審も有罪 イカリソース詐欺事件
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<政調費>任期満了前の支出、必要性なければ違法 最高裁(毎日新聞)
<国民新党>参院選比例代表にプロレスラー擁立(毎日新聞)
自殺者最多は3月1日=休日は減る傾向-内閣府調査(時事通信)
【風】「やる気あれば学力身につく」(産経新聞)
足利事件 「運転免許を取って温泉も」 菅家さん会見で(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。